パソコンの電源ランプが点滅、画面が真っ暗な場合は故障!?【対処方法・まとめ】

パソコンの電源ランプが点滅して、画面が真っ暗になっているのは、パソコンがスリープモード(休止状態)になっているのが原因かもしれません。

故障かな?

と思ったら、ここで紹介している通常の操作方法を試してください。普通なら、すんなりと、パソコンを使えるようになります。

もちろん、パソコンの電源ランプが点滅し、画面が真っ暗になる状態から復帰できないケースもあります。その場合は、パソコンのトラブルが発生しています。ここでは、トラブル時の対処方法も紹介しています。

まずは、通常の操作方法を試してください。それでもダメならトラブル対策を実施してください。

スポンサーリンク

 

電源ランプが点灯しても故障でないケース!?

パソコンの電源ランプが点灯しても、通常、故障ではありません。

例えば、パソコンを数分、数十分など、放置したあとに、再度、操作しようと思ったら、「電源ランプが点灯」していて、「画面が真っ暗になっている」といった場合は、Windowsパソコンのスリープ状態(節電状態)になっています。
 

スリープ状態から復帰する方法

Windowsのパソコンをスリープ状態から回復させ、パソコンが使えるようにするためには、

  • マウスを動かす、クリックする
  • キーボードのキーを押す
  • 電源ボタンを軽く押す

などの操作を行うとパソコンが再度、使用できるようになります。
 

マウスを動かす、クリックする

マウスを動かしたり、クリックすると、パソコンが使用可能になることがあります。
 

キーボードのキーを押す

キーボードで、何かしらのキーを入力すると、パソコンが操作できるようになることがあります。「A」や「O」のキーボードのキーを押すのもいいですが、「Esc」や「Ctl」、「Shift」などのキーを押すと、パソコンの編集中の書類への影響がないので安心です。
 

電源ボタンを軽く押す

電源ボタンを軽く押すとスリープモードから回復します。ただし、電源ボタンを強く押すと、パソコンの電源が落ちるので注意しましょう。
 

注意点

デスクトップパソコンやノートパソコンで、外付けのディスプレイを付けている場合、ディスプレイの表示が復帰するまでに10秒前後、時間がかかるケースもあります。
 

「キーボード」や「マウス」を動かして、スリープ状態から回復しない場合

通常、Windowsのスリープモードから復帰し、パソコンを再度、使えるようにするためには、「キーボード」や「マウス」を動かすと復帰します。

しかし、Windowsの設定によっては、スリープモードから復帰しないケースがあります。その場合は、

  1. スタート」をクリック
  2. コントロールパネル」を開く
  3. 「コントロールパネル」の「ハードウェアトとサウンド」をクリック
  4. 「コントロールパネル」の「デバイスマネージャー」をクリック
  5. 「デバイスマネージャー」の「キーボード」or「マウス」を選択
  6. 電源の管理」のタブを選択
  7. このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックをいれる
  8. 「OK」で終了する

といったWindowsの設定を変えることで、マウスやキーボードを操作することで、スリープモードから復帰することができます。

スリープモードから「マウス」「キーボード」で復帰する設定方法【詳細】

スリープモードになっているWindowsパソコンを、「マウス」や「キーボード」を動かすことで、Windowsが再度、使えるようにするための設定方法を下記に詳しく紹介します。

設定方法の詳細は、こちらをクリック
下記は、Windows7での設定方法です。

①「スタート」をクリック

Windows7のスタートボタンの写真

Windowsの画面の端にある「スタート」をクリックします。

②「コントロールパネル」をクリックし、「コントロールパネル」の画面を表示

Windows7のメニュー画面の写真

スタートをクリックし、表示されたメニューの中から「コントロールパネル」を選択し、クリックします。

コントロールパネルの画面の画像

「コントロールパネル」を選択すると、上記のような画面が表示されます。

③コントロールパネルの中の「ハードウェアとサウンド」をクリック

コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」を選択した画像

コントロールパネルの中の「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

ハードウェアとサウンドの画面の画像

「ハードウェアとサウンド」を選択すると上記の画面が表示されます。

④コントロールパネルの中の「デバイスマネージャー」をクリック

デバイスマネージャーを選択した画面

「ハードウェアとサウンド」の画面の中の「デバイスマネージャー」をクリックします。

デバイスマネージャーの画面

上記のデバイスマネージャーの画面が表示されます。

⑤デバイスマネージャーの『キーボード」の設定を変更する

まずは、「キーボード」の設定を変更します。

デバイスマネージャーの画面のキーボードを選択した画面

キーボードをクリックします。

デバイスマネージャーのキーボードの一覧画面

キーボードをクリックすると、パソコンに接続されているキーボードの一覧が表示されます。まずは、どれか1つ選択します。

キーボードのプロパティ画面

キーボードのプロパティ画面です。「電源の管理」のタブがあるモノの設定をチェックします。

キーボードの「電源の管理」を選択した画面

「電源の管理」のタブをクリックします。

スリープモードからキーボードで復帰する設定

このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックをつけます。

キーボードのプロパティ画面

最後に、「OK」をクリックし、設定を保存して終了です。

⑥デバイスマネージャーの『マウス』の設定を変更する

デバイスマネージャーのマウスを選択した画面

デバイスマネージャーの「マウス」の項目をクリックします。

デバイスマネージャーをマウスを選択した画面

デバイスマネージャーの中の1つのマウスをクリックします。

マウスのプロパティ画面

マウスのプロパティ画面です。

「電源の管理」をクリックする画面

電源の管理」をクリックします。

「電源の管理」の設定を確認している画面

「電源の管理」の画面で、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックをつけます。

マウスの設定で、OKをクリックする画面

「OK」をクリックし、設定を保存します。

上記の設定で、スリープ状態になったパソコンから復帰することができます。

スポンサーリンク

 

パソコンの電源ランプ、電源ボタンが分からない人は、こちらを参考に!?

まずは、パソコン初心者のために、「電源ランプ」、「電源ボタン」とは、どのようなモノかを紹介します。

パソコンの電源ボタンや電源ランプとは、どれか分かる人は、ここを読み飛ばしてください。
 

パソコンの電源ランプはコレ!?

パソコンの電源ランプ、電源ボタンの写真

こちらが、パソコンの電源ボタン、電源ランプのマークです。

電源ランプは、パソコンの電源が入っている時は、常に点灯します。このランプが点灯していると、パソコンが通常でないということになります。
 

ノートパソコンの電源ボタン&電源ランプ

ノートパソコンの電源ボタンの写真

機種によっても違いますが、ノートパソコンは、キーボードの「右上」や「左上」に電源ボタンがあることが多いです。

電源ボタンが、電源ランプを兼ねているノートパソコンも存在します。
 

ノートパソコンの電源ランプが、電源ボタンと別にあるケース

ノートパソコンの電源ランプの写真

電源ボタンと電源ランプが、別の位置にあるノートパソコンも存在します。上記の写真は、電源ボタンと違う位置に、電源ランプがあるケースです。
 

デスクトップパソコンの電源ボタン

デスクトップパソコンの電源ボタンの写真

デスクトップパソコンも機種により電源の位置は、様々ですが、パソコンの全面にあるのが普通です。

 

パソコンの色々なランプ

パソコンの色々なランプの写真

パソコンには、色々なランプが存在します。

上記のノートパソコンでは、

  • 電源コードが接続時に点灯するランプ
  • パソコンの電源を入れると点灯するランプ
  • バッテリーの状態をしめすランプ
  • ハードディスクにアクセスすると点灯するランプ
  • DVDを使っている時に点灯するランプ
  • Wifi接続時に点灯するランプ

などのランプが付いています。

こちらも、パソコンによって、多少、点灯ランプの種類が違うケースもあります。

スポンサーリンク

 

パソコンが故障している場合

パソコンがスリープ状態から回復しない場合は、パソコンが故障している可能性があります。

故障の原因とは?

故障の原因は、電源ユニットの故障マザーボードの故障などのハード的な機器の故障でるケースがあります。

ハード的な機器の故障が原因の場合は、素人で対応するのは難しいのでメーカーや販売店のサポートをお願いしましょう。

自分で故障ヵ所を見分けたい場合

自分でパソコンの故障ヵ所を見つけたい場合は、まずは、故障している部分が「電源ユニット」「充電池」「電源コード」「マザーボード」など、別のモノを用意して、それぞれ1つ1つ、故障しているか確認する必要があります。

これは、素人が行うのは難しいので、プロに任せるのがお勧めです。

 

部品交換しない対処方法

パソコンの部品を交換しないで、Windowsのスリープモードから回復しないトラブルに対処する方法を紹介します。

具体的な方法としては、Windowsのパソコンで、スリープモードにならないように設定を変更することです。

 

スリープモードにならない設定にする方法

スリープモードにならないようにWindowsの設定を変更する方法を紹介します。

①「スタート」をクリック

Windows7のスタートボタンの写真

Windowsの画面の端にある「スタート」をクリックします。

②「コントロールパネル」をクリックし、「コントロールパネル」の画面を表示

Windows7のメニュー画面の写真

スタートをクリックし、表示されたメニューの中から「コントロールパネル」を選択し、クリックします。

③「システムとセキュリティ」を選択

「システムとセキュリティ」の設定画面の写真

コントロールパネルの中から「システムとセキュリティ」をクリックします。

④「電源オプション」を選択

電源オプションを選択した画面

「システムとセキュリティ」の画面の中の「電源オプション」をクリックします。

電源オプションの画面

すると、「電源オプション」の画面が表示されます。

⑤「プラン設定の変更」を選択

電源オプションの設定画面

プラン設定の変更」をクリックします。

「プラン設定の編集」の画面

すると、「プラン設定の変更」の画面が表示されます。

⑥スリープ状態の設定変更

スリープ状態の変更画面

「プラン設定の編集」画面にいて、「コンピューターをスリープ状態にする」の部分を「なし」に変更することで、パソコンをスリープ状態にならなくできます。

スリープモードを「なし」にしたときの注意点

スリープモードは、パソコンの節電のための機能です。この為、パソコンを起動中に、操作を行わなかった場合、スリープモードにならないことで、電力の使用量が多くなるので、パソコンを使わない時は電源を落とすなどの注意が必要です。

 

まとめ

今回は、パソコンお電源ランプが点滅し、画面が真っ黒になっている状態から復帰する方法、トラブルを避ける方法を紹介しました。

通常、この状態は、パソコンのスリープモードという状態で、マウスやキーボードを動かすことで復帰します。

しかし、パソコンの故障で復帰しなくなることもあるので、その時は、パソコンの設定を変更し、スリープ状態にならないようにするといいです。

スポンサーリンク