タスクバーが消えた原因と対処方法【Windows10、Windows8、Windows7】

ここでは、Windows10Windows8Windows7タスクバーが消えた原因と対処方法を紹介します。

 

タスクバーが消えた原因とは?

ここでは、Win10、Win8、Win7におけるタスクバーが消える原因を紹介します。

タスクバーが消える原因は、

  • タスクバーが自動的に隠れる設定になっているのが原因【設定の問題】
  • タスクバーが自動的に隠れる&タスクバーの位置が変わっているのが原因【設定の問題】
  • タスクバーを表示するプログラムが停止しているのが原因【トラブル】

といった2つの原因が考えられます。

 
タスクバーが表示されなくなる原因は、基本的に同じWindowsのOSであれば、Windows10、Windows8、Windows7とバージョンの違いがあっても原因は同じです。

スポンサーリンク

 

タスクバーが自動的に隠れる設定になっている【設定の問題】

Windowsパソコンでは、画面の小さなパソコンでも画面をできるだけ広く使えるようにタスクバーを自動で隠す設定が可能です。

このタスクバーを自動で隠す設定がONになっているのが、タスクバーが消える原因である可能性があります。

ここでは、Windows10、Windows8、Windows7の「タスクバーを自動的に隠す」の設定方法の変更方法を紹介します。

基本的に、どのWindowsでも同じ操作方法です。

Windows10のタスクバーの設定方法

Windows10の「タスクバーを自動的に隠す」の設定変更の方法

タスクバーを自動で隠すの設定をしめす画像
こちらはWindows10の画面ですが、「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れるとタスクバーを隠すことができます。

 
「タスクバーを自動的に隠す」の設定をしたタスクバーの画像
こちらは、タスクバーが自動的に隠れている状態です。

 

常にタスクバーを表示する設定

タスクバーが消えた原因が、「タスクバーを自動的に隠す」の設定であった場合には、常にタスクバーを表示するように設定を変更すれば問題は解決します。

下記にタスクバーを常に表示する設定方法を紹介します。

 
タスクバーにマウスのポインターをのせた状態の画像
タスクバーの何もないところにマウスのポインターを持っていきます。

 
タスクバーのメニューのプロパティのメニューを選択している画像
タスクバーで右クリックし、メニューを表示し、「プロパティ」を選択すると、下記の設定変更の画面が表示されます。

 
「タスクバーを自動的に隠す」の設定をオフにしている状態の設定画面
タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外します。

 
普通のアイコンのサイズのタスクバーの画像
タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外したことで、常に、タスクバーが表示されるようになります。
 

スポンサーリンク

 

Windows8のタスクバーの設定方法

Windows8の「タスクバーを自動的に隠す」の設定変更の方法

Windows8の画面の画像
こちらが、Windows8の画面です。

 
Win8のタスクバーにマウスをのせた画像
マウスのポインターをタスクバーの上に持っていきます。

 
ウィンドウズ8のタスクバーを変更するためのメニュー画面の画像
右クリックすると、上記のようなメニューが表示されます。

 
ウィンドウズ8のタスクバーのプロパティーを選択した画像
プロパティ」を左クリックします。

 
Win8のタスクバーの設定画面の画像
タスクバーの設定を変更する画面が表示されます。

 
Win8のタスクバーの設定画面で「タスクバーを自動で隠す」の設定部分の説明画像
タスクバーを自動で隠す」の部分の設定を変えることで、タスクバーの表示方法の設定を変えることができます。

もしも、「タスクバーを自動で隠す」の部分に、チェックが付いている場合は、タスクバーが自動的に隠れます。

 
Windows8でタスクバーを常に表示する設定の画像
タスクバーを自動で隠す」のチェックを外すことで、常にタスクバーが表示されるようになります。

スポンサーリンク

 

 

Windows7のタスクバーの設定方法

Windows7の「タスクバーを自動的に隠す」の設定変更の方法

ここでは、Windows7のタスクバーを自動的に隠す設定を解除する方法を紹介します。
 
ウィンドウズ7の画面の写真
まずは、Windows7のタスクバーの上にマウスのポインターを移動します。

 
Win7のタスクバーにマウスのポインターをのせた画像
このように、タスクバーの上に、マウスのポインターを持ってきます。

 
Windows7のタスクバーで右クリックした画像
右クリックしてメニューを表示し、「プロパティ」を左クリックします。

 
Win7でタスクバーの設定画面が表示された状態の画像
プロパティ」を選択したことで、上記のようなタスクバーの管理画面が表示されます。

 
タスクバーを自動的に隠すの設定がオンになっている状態の画像
自動的にタスクバーが消える場合は、上記のように、「タスクバーを自動的に隠す」にチェックが入っています。

 
タスクバーが常に表示される設定になっている状態の画面の画像
タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外すことで、タスクバーが自動的に隠れるのを止めることができます。

スポンサーリンク

 

 

タスクバーが自動的に隠れる&タスクバーの位置が変わっているのが原因【設定の問題】

タスクバーが自動的に隠れる設定になっているうえで、さらに、タスクバーの表示位置が変わっていると、タスクバーが消えて表示されないと勘違いするケースがあります。

タスクバーの表示位置は、通常、「下」です。しかし、設定を変更することでタスクバーを下記の様に、「上」「右」「左」に変えることができます。
 
タスクバーが下にある画像
こちらは、タスクバーが下にある状態です。これが一般的なタスクバーの位置です。

これ以外にも、下記のように、「左」「右」「上」への設定が可能です。
 
タスクバーが左にある画面の画像
タスクバーが左にある状態です。

 
タスクバーが右にある画像
タスクバーが右にある状態です。

 
タスクバーが上にある状態の画像
タスクバーが上にある状態です。

 
ウィンドウズ10で、マウスを画面の端に移動する説明画像
タスクバーは、「上」「右」「左」「下」に設定することが可能です。その為、上記のように、マウスのポインタを上下左右のすべての方向に移動してみましょう。

もしも、知らずに、タスクバーの位置が変わっており、なおかつ、自動的にタスクバーが隠れる設定になっている場合は、この方法でタスクバーが表示されます。

タスクバーが消えている人は、「タスクバーを自動で隠す」のチェックを外しましょう。

 
⇒「タスクバーを自動で隠す」の設定方法はコチラ

 

スポンサーリンク

 

タスクバーを表示するプログラムが停止している【トラブル】

タスクバーを表示するためには、「explorer.exe」といったプログラムが起動している必要があります。

もしも、タスクバーが消えて、表示されない場合は、何かしらのトラブルによって「explorer.exe」が起動していない、停止している可能性があります。
 

タスクバーが消えたトラブルから回復する方法

タスクバーのプログラムが何かしらのトラブルで停止している場合は、「explorer.exe」を再起動させるためにパソコンを再起動するといいです。

多くの場合、パソコンを再起動すると、同時に、「explorer.exe」のプログラムも再起動されて、タスクバーが表示されます。

 
パソコンを再起動しても、タスクバーが表示されない場合は、下記の手順で、手動で「explorer.exe」のプログラムを起動してください。
 

タスクバーのプログラム「explorer.exe」を再起動させる方法

「explorer.exe」を再起動させることで、消えたタスクバーが表示されるようになります。

タスクバーのプログラム「explorer.exe」を起動させる為には、タスクマネージャーを開きます

 
CTL+Shift+Escのボタンを記したキーボードの図
タスクマネージャーを起動するためには、「Ctrl」+「Shift」+「Esc」のキーを同時に押します。

 
Windows10のタスクマネージャーの画面を開いた画像
上記は、タスクマネージャーの画面が表示された状態です。

 
タスクマネージャーのシンプル版の画面の画像
こちらは、タスクマネージャーのシンプル版の画面です。詳細を表示するために、「詳細」を左クリックします。

 
詳細のタスクマネージャーの画面の画像
こちらが詳細のタスクマネージャーの画面です。

 
タスクマネージャーのメニューを選択している画面の画像
タスクマネージャーの「ファイル」⇒「新しいタスクの実行」を左クリックし、「新しいタスクの作成」画面を起動します。

 
プログラムの起動画面
「新しいタスクの作成」画面に「explorer.exe」と入力し、「OK」を左クリックします。

 
これで「explorer.exe」のプログラムが再度、起動することで、タスクバーが表示されるようになります。

 

 

何度もタスクバーが消える現象が起こる場合

通常、タスクバーが消えるのは、メモリ不足により、エキスプローラーなどが処理中のままになり、パソコンがフリーズしたことで、「explorer.exe」のプログラムが停止しているためです。

この為、パソコンがフリーズしないようにするためには、

  • メモリの増設を行う
  • 仮想メモリを増やす
  • 同時に複数のアプリを起動しない
  • ブラウザーで沢山のタグを開かない

などのように、パソコンの処理速度をアップする。または、パソコンに負荷をかけないように注意することで対応できます。

 

まとめ

今回は、タスクバーが消えた原因とタスクバーを復活させる方法を紹介しました。まずは、Windowsの設定を見直すのが基本です。

また、トラブルでタスクバーが表示されない場合は、基本的に、パソコンを再起動すると直る可能性があります。それでもダメな場合は、タスクバーのプログラムである「explorer.exe」を

スポンサーリンク