CSVファイルとは?【まとめ】CSVの意味や作り方、編集、結合などまとめて紹介!

CSVファイルとは?どのようなファイルなのでしょうか?

ここでは、そもそも、「CSVの意味って何なのか?」といった基本的なことから、CSVファイルの「作り方」「編集」「開き方」「エクセルに変換する方法」をまとめて紹介します。

そもそも、CSV意味とは?
CSVは、英語で、元々「Comma Separated Value」といい、略して「CSV」で「シーエスブイ」と読みます。

「Comma Separated Value」は、直訳すると、

  • Commaカンマ
  • Separated区切った
  • Value

といった通り、「カンマで区切った値」となります。

この為、CSVファイルとは、カンマで区切った値のファイルということになります。

スポンサーリンク

 

CSVファイルを開くと、こんな感じ・・・!

実際に、CSVファイルを見てみましょう。


こちらがCSVファイルです。

CSVファイルの画像

CSVファイルは、「カンマで区切った値のファイル」という名前だけあって、各項目が「,(カンマ)」で区切られています。これがCSVファイルです。

 

「CSVファイル」の特徴とは!?

CSVファイルは、「文字」と「,(カンマ)」で出来ている非常にシンプルなファイルです。

その特徴としては、軽いデータということもあり、データのやり取りとして使われることが多く、互換性の高いファイルです。

スポンサーリンク

 

「CSVファイル」は、どんな時に使うのか?

CSVファイルは、一般的には、データのバックアップデータの移行(引っ越し)などに使われているファイルです。

具体的には、

  • Windows Live Mailのアドレス帳
  • 年賀状・はがき作成ソフトの住所録
  • 販売管理システムや会計システムなどの基幹システムのデータ
  • 郵便局の郵便番号データ、気象庁の過去の気象データ

といったデータをバックアップとして保存したり、他のパソコンやシステムに移行(引っ越す)ときにCSVファイルを使うことができます。

 

「CSVファイル」は、パソコンで見ると、どう見えるのか!?

CSVファイルの拡張子を記した画像

「CSVファイル」は、パソコンで見ると拡張子が「CSV」になっています。

拡張子とは?
拡張子とは、ファイルが何のソフトで使うことができるか?判別するためのものです。拡張子を見ると、何のソフト(アプリ)で使うファイルか判別することができます。

この拡張子は、ファイル名にプラスして「.(ドット)」の後に、例えば、CSVファイルの場合は、「csv」のように指定します。

その他にも

  • 写真 : jpg
  • テキスト : txt
  • Word文書 : doc
  • 音楽ファイル : mp3
  • 動画ファイル : mp4

など、様々な拡張子が存在します。

★⇒「拡張子とは?」の詳細はコチラ

なお、拡張子は、パソコンの初期表示では、表示されていないこともあります。表示するためには、パソコンの設定を変える必要があります。
★⇒「拡張子の表示」の方法はコチラ

パソコンでCSVファイルを見ると、どうなるのか?

CSVファイルのアイコン画像

新しくインストールしたWindows10のパソコンで、CSVファイルを見ると上記の通り、真っ白いファイルになります。

エクセルをインストールしたパソコンのCSVファイルの画像
EXCEl(エクセル)をインストールしたパソコンで、「CSVファイル」を見ると、上記のように、エクセルファイルのマークが付いています。

これは、CSVファイルが、エクセルと関連付けられているからこのように見えます。パソコンの設定によっては、別の見え方をする可能性もあります。

スポンサーリンク

 

CSVファイルを開く方法

ここでは、CSVファイルを開く方法を紹介します。

メモ帳」でCSVファイルを開く方法

ここで紹介しているのは、Windows10での方法です。


ここでは、「メモ帳」でCSVファイルを開くときの方法を紹介します。なお、ここでは、CSVファイルとメモ帳が「関連付けされていない」ケースで紹介します。


Windows10のエクスプローラーでCSVファイルを見たときの画像

エクスプローラーで、CSVファイルをダブルクリックします。


CSVファイルをダブルクリックした時に表示される画面の画像

すると、上記の画面が表示されます。


メモ帳でCSVファイルを開くときの画面の画像

「メモ帳」を選択し、「OK」をクリックします。


CSVファイルの拡張子を記した画像

すると「メモ帳」で、CSVファイルを開くことができます。

 

スポンサーリンク

EXCEL」でCSVファイルを開く方法

ここでは、EXCE(エクセル)を使って、CSVファイルを開く方法を紹介します。

EXCELとCSVファイルが関連付けられている場合

エクセルをインストールしたパソコンのCSVファイルの画像

EXCELとCSVファイルが関連付けられている場合は、ダブルクリックするとCSVファイルをEXCELを開くことができます。

EXCELでCSVファイルを開いた時の画面の画像

上記の通り、関連付けられていると簡単にEXCELでCSVファイルを開くことができます。

 

EXCELとCSVファイルが関連付けられていない場合

ここでは、EXCELとCSVファイルが関連付けられていない時に、CSVファイルを開く方法を紹介します。


CSVファイルのアイコン画像

上記の様に、白色のCSVファイルの場合、ダブルクリックしてもEXCELでCSVファイルを開くことができません。

EXCELを開いてから特別な操作をすることで、EXCELでCSVファイルを開くことができます。


EXCELを開いた画面の画像

まずは、EXCELを起動します。そして、上部のメニューのデータ」を左クリックし、選択します。


EXCELの外部データの取り込みを選択した画像

外部データの取り込み」を左クリックし、選択します。


テキストファイルのメニューを選択したEXCELの画像

テキストファイル」を左クリックして選択します。


CSVファイルを選択する画像

パソコンに保存してある「CSVファイルを選択」して、「インポート」を左クリックします。


テキスロファイルウィザードの画面

「テキスト ファイル ウィザード 1/3」の画面が表示されます。「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」が選択されていることを確認し、「次へ」を左クリックし選択します。


テキストファイルウィザードの画面

「テキスト ファイル ウィザード 2/3」の画面では、最初は、上記の通り、「タブ」が選択されています。「タブ」のチェックを外します。


テキストファイルウィザードでカンマを選択した画面

「テキスト ファイル ウィザード 2/3」の画面で、「カンマ」にチェックを入れます。次に、「次へ」を左クリックし選択します。


EXCELn「テキスト ファイル ウィザード 3/3」の画面

「テキスト ファイル ウィザード 3/3」の画面では、通常、上記の画面の状態なら、そのままで、「完了」のボタンを左クリックで選択します。


データの取り込みの画面

「データ取り込み」の画面で、「OK」を左クリックし選択します。


CSVファイルをEXCElで開いた時の画面の画像

一連の作業を行うことで、上記の様に、エクセルでCSVファイルを開くことができます。

 

スポンサーリンク

 

CSVファイルの作り方

ここでは、CSVファイルの作り方を紹介します。

基本的なCSVファイルの作り方として、

  • メモ帳
  • EXCEL(エクセル)

といった2つのアプリで、CSVファイルを作成する方法を紹介します。

 

「メモ帳」でCSVファイルを作る方法

ここでは、CSVファイルを「メモ帳」で作成する方法を紹介します。


メモ帳でCSVファイルを作る時の画面

まずは、メモ帳を開いて、「,(カンマ)」で区切った文章を作成します。これを拡張子を「CSV」にして保存するとCSVファイルを作ることができます。

 


メモ帳を保存する時の画面

メモ帳の内容を保存する時は、上部のメニューの「ファイル」を選択し、「名前を付けて保存」を左クリックし選択します。



メモ帳の保存時にファイルの種類で、全てのファイルを選択した画像

上記の「名前を付けて保存」の画面が表示されたら、「ファイルの種類」を「すべてのファイル」を選択します。



メモ帳でCSVファイルを保存した時の画面

保存するファイル名の後ろに、「.(ドット)」+「csv」の「.csvと付けて保存します。



メモ帳で作られたCSVファイルの画像

すると上記の通り、CSVファイルを作成することができます。

 
スポンサーリンク

 

「EXCEL」でCSVファイルを作る方法

ここでは、EXCEL(エクセル)を使て、CSVファイルを作成する方法を紹介します。


エクセルを起動したときの画面の画像

エクセルでCSVファイルを作成するためにエクセルを起動します。
 


データ入力をしたエクセルファイル

まずは、CSVファイルとして保存するためのデータを入力します。その後、EXCELの画面の左上にある「ファイル」を左クリックして選択します。



EXCELで「名前を付けて保存」をクリックする時の説明画像

「名前を付けて保存」を左クリックして選択します。



エクセルでCSVファイル形式をしていして保存する画面の画像

「名前を付けて保存」の画面で、「ファイルの種類」で「CSV(カンマ区切り)」を選択します。



エクセルのファイル名を指定した画像

ファイル名を確認すると「ファイル名」+「.(ドット)」+「csv」の「ファイル名.csv」といったCSVファイル名になっていることを確認し、「保存」のボタンを左クリックします。



エクセルの注意メッセージの画面の画像

このようなメッセージが表示されたら、表示内容を確認し、「OK」を選択します。



EXCEL(エクセル)の保存前の確認メッセージの画面の画像

このメッセージが表示された場合も、「OK」を選択します。



EXCELで保存したCSVファイルの画面の画像

保存が完了すると、EXCELの画面に戻ります。すると上記の通り、EXCELの画面の上が「ファイル名.csv」になっています。
また、EXCELの画面の左下のシート名も、CSVファイルの名前に変わっています。

これで、EXCELファイルを使って、CSVファイルを保存することができます。
 

スポンサーリンク

 

EXCELでCSVファイルを編集する時の注意点

CSVファイルは、EXCELを使うと、簡単に編集できます。

簡単に編集できるので、EXCELの独自の機能である
文字を太くする
赤文字にする
エクセルの枠に線を付ける
計算式を入れる
フォントを変更する
などといった変更は、CSVファイルでは保存されません。

色々とEXCELの機能を使ったとしても、CSVファイルとして保存されるのでは、数値や文字などのデータだけです。

この点を忘れて、EXCELと勘違いして、CSVファイルを保存すると、再度、使うときに保存した時のデータ見た目が違うということが起こりますので注意しましょう。
 

CSVファイルをEXCELで編集したらEXCELファイルとして保存する

CSVファイルをEXCELで編集し、文字に色を付けたりした場合、CSVファイルとして保存せずに、EXCELファイルとして保存しないと編集内容は保存されません

CSVファイルをエクセルでEXCELファイルとして保存する方法の画面

CSVファイルをEXCELファイルとして保存する場合は、「名前を付けて保存」の画面で、ファイル種類を「CSV」から「EXCELブック」に変更し保存します。

これで、EXCELのファイルとして保存されます。

ちなみに、EXCELのファイルの拡張子は、「.xlsx」や「.xls」です。

 

まとめ

今回は、CSVファイルとは?どのような意味であり、どういった特徴があるファイルかを紹介しつつ、実際に、どのようにすればCSVファイルを作成することができるかを紹介しました。

ここで説明した内容で、CSVファイルについて理解を深め、使える様になる助けになれば幸いです。

スポンサーリンク