タスクバーアイコンの表示(登録・追加)・変更・非表示(削除)の方法【まとめ】

ここでは、Windowsパソコンのタスクバーアイコンの表示する登録、追加非表示(削除)変更する方法を紹介します。

 

ウィンドウズ10のデスクトップ画面
具体的には、上記の図の赤枠部分である

  • アプリのアイコンの表示(登録)・非表示(削除)・変更
  • 画面右下の通知領域の表示(登録)・非表示(削除)・変更

といったタスクバーの2ヵ所の登録、変更、削除について紹介しています。

 

紹介しているOS

なお、ここで紹介しているOSは、

のパソコンでのタスクバーのアイコンが消えたときの対策を紹介します。

スポンサーリンク
Windows10の表示(登録・追加)・変更・非表示(削除)の方法

Windows10の場合

タスクバーの「表示(登録・追加)」の方法

Windows10でのタスクバーへのアプリのアイコンの表示(登録・追加)方法は、2つの方法があります。

 

デスクトップ上のアプリをタスクバーに登録する方法

Windows10のデスクトップ画面でアプリアイコンにマウスを持って行った画像
タスクバーに登録したいアイコンの上にマウスを持っていきます。

 
右クリックしてメニューを表示した画像
右クリックしてメニューを表示します。メニューの中のタスクバーにピン留めする」を左クリックします。

 
ウィンドウズ10のタスクバーにアイコンが追加された画像
タスクバーを確認すると、登録したアプリのアイコンが登録されています。

スポンサーリンク

 

スタートメニュー内のアプリをタスクバーに登録する方法

スタートメニュー内のアプリもタスクバーに登録することができます。

 
Windows10のスタートメニューを開いてアプリを選択している画像
スタートメニュー内の登録したいアプリにマウスを持っていきます。

 
Windows10のスタートメニュー内のアプリをタスクバーに登録する方法の画像
タスクバーに登録したいアプリの上で右クリックします。表示されたメニューの中の「その他」を左クリックし、「タスクバーにピン留めする」を左クリックで、タスクバーにアプリを登録することができます。

 
タスクバーにアイコンが登録できないアプリの画像
上記のように、登録したいと思ったアプリでも、右クリックして「その他」が無い場合には、タスクバーへの登録はできないようです。

スポンサーリンク

 

ドラッグして登録する方法

ドラッグしてアイコンを登録する方法の説明画面
デスクトップ上にあるアプリの場合、左クリックし、そのまま、タスクバーに移動すると、タスクバーにアイコンを登録することができます。

 

タスクバーの「非表示(削除)」の方法

タスクバーに表示されているアプリを非表示、削除する方法を紹介します。

 
タスクバーからアイコンを削除、非表示にする方法
削除、非表示にしたいアプリにマウスを合わせます。そこで、右クリックし、「タスクバーからピン留めを外す」を左クリックすることで、タスクバーからアプリを削除することができます。

 

タスクバーの「変更」の方法

タスクバーのアイコンの変更方法は、位置の移動のみです。

 

移動したいアイコンを左クリックした画像
タスクバーの上にあるアイコンにマウスを持っていき、左クリックをして、移動したい位置までアイコンを移動させます。

 
タスクバーのアイコンを移動した後の画像
希望の位置にアイコンを移動したら、左クリックを外します。すると、希望の位置にアイコンを移動させることができます。

スポンサーリンク

 

タスクバーの「通知領域」の表示・非表示の方法

Windows10の通知領域の場所を記した画像
タスクバーの「通知領域」は、上記の通り、Windowsパソコンの右下にある領域です。

 
windows10のスタートメニューの写真
スタートボタンを左クリックします。

 
ウィンドウズ10のスタートメニューの歯車を左クリックする画像
スタートボタンを左クリックし、スタートメニューを表示させます。スタートメニューの歯車マーク」を左クリックします。

 
個人用設定を左クリックする画面
個人用設定」を左クリックします。

 
タスクバーのメニューをクリックする画面
タスクバー」を左クリックします。

 
タスクバーの設定画面
タスクバーの設定画面の右側にあるバーを下にスクロールします。

 
タスクバーの画面の通知領域の表示した画面
通知領域」が表示されるまでスクロールします。

 
システムアイコンのオン、オフの設定をする画面
システム アイコンのオン/オフの切り替え」を左クリックします。

 
システムアイコンのオン、オフの切り替え画面
システムアイコンのオン、オフの切り替え」の設定画面です。ここで、「オン」「オフ」を切り替えることで、通知領域の表示が切り替わります。

上記の画面の通り、「オン」にしていることで、画面右下の通知領域に、アイコンが表示されています。

 
通知領域のアイコンをオフにした画面
通知領域の設定を全て「オフ」にしました。オフにすることで、画面右下の通知領域にも、アイコンが非表示になります。

ここで、好きなアイコンを選んで、自由に「表示」「非表示」を選択することができます。

Windows8の表示(登録・追加)・変更・非表示(削除)の方法

Windows8の場合

タスクバーの「表示(登録・追加)」の方法

windows8のスタートボタン
スタートボタンを左クリックし、スタートメニューを表示します。

 
ピン留めする方法
タスクバーに登録したいアプリの上で、右クリックします。右クリックで表示されるメニューの中の「タスクバーにピン留めする」を左クリックします。

 
アスクバーにアプリのアイコンが登録された画像
上記の図のように、タスクバーにアプリが追加されます。

スポンサーリンク

 

タスクバーの「変更」の方法

ここでのタスクバーの変更は、表示位置の変更のみになります。

 
タスクバーのアイコンを左クリックした画像
表示位置を変更したいタスクバーのアイコンを左クリックしたままの状態で、移動したい位置まで移動します。

 
タスクバーのアイコンが移動した後の画像
アイコンを移動後、左クリックを外すことで、アイコンの表示位置を変更することができます。

 

タスクバーの「非表示(削除)」の方法

Windows8.1で、タスクバーのアイコンを消すときの画像
ここでは、上記のアイコンを非表示(削除)する方法で紹介します。削除したいアイコンにマウスを持っていきます。

 
ウィンドウス8.1でメニューを表示した画像
右クリックして、メニューを表示します。そして、「タスクバーからピン留めを外す」を左クリックします。

 
Windows8.1のタスクバーのアイコンのピン留めを外した画像
ピン留めを外すことによって、上記の通り、アイコンが削除、非表示されます。

スポンサーリンク

 

タスクバーの「通知領域」の表示・非表示の方法

windows8のスタートボタン
スタートボタンを左クリックし、スタートメニューを表示します。

 
Win8.1のスタートメニューの設定ボタンをクリックした画像
スタートメニューの中の「歯車」である「設定」マークを左クリックします。

 
「コントロールパネル」を左クリックする画面
コントロールパネル」を左クリックします。

 
表示方法を変更する画面
表示方法」を「小さいアイコン」に変更します。

 
通知領域を選択している画面
通知領域アイコン」を日だs理クリックします。

 
アイコンの通知情報を変更する画面
この画面で、アイコンと通知の表示の設定を変更します。この画面では、画面の右下にアイコンが表示されています。

 
アイコンを非表示した後の画面
「アイコンと通知を非表示」を選択すると、画面の右下の通知領域のアイコンが非表示になります。

Windows7の表示(登録・追加)・変更・非表示(削除)の方法

Windows7の場合

ウィンドウズ7のデスクトップの画面
ここでは、Windows7でのタスクバーのアイコンの設定方法を紹介します。

タスクバーの「表示(登録・追加)」の方法

デスクトップ上のアイコンをタスクバーに登録する方法
デスクトップ上にあるアプリのアイコンにマウスを持っていき、右クリックします。右クリックで表示されたメニューの中の「タスクバーに表示する」を左クリックすると、タスクバーにアプリのアイコンが登録されます。

 
スタートメニューの中のアイコンをタスクバーに登録する画面
スタートメニューの中のアプリのアイコンで、マウスを右クリックし、「タスクバーを表示する」を左クリックすることでもタスクバーにアイコンを登録することができます。

 
登録されたアイコンの画像
上記のように、アプリのアイコンが登録されます。

スポンサーリンク

 

タスクバーの「変更」の方法

Win7のタスクバーのアイコンの位置の変更する画面
タスクバーのアイコンの位置の変更は、左クリックで、移動したいアイコンを選択します。

 
移動したアイコンの画像
アイコンを移動したい位置で、左クリックを外すことで、アイコンの移動が完了します。

 

タスクバーの「非表示(削除)」の方法

タスクバーのアイコンを消すための設定画面
タスクバーに登録されているアイコンを削除するために、消したいアイコンにマウスを移動し、右クリックします。そして、「タスクバーにこのプログラムを表示したい」を左クリックします。

 
アプリのアイコンが削除された状態の画面
上記の通り、アプリのアイコンが削除されます。

スポンサーリンク

 

タスクバーの「通知領域」の表示・非表示の方法

コントロールパネルを選択する画面
タスクバーの通知領域の表示、非表示を変更するために、スタートメニューから「コントロールパネル」を左クリックします。

 
アイコンの表示方法を変更する画面
コントロールパネルの画面で、「表示方法」を「小さいアイコン」に切り替えます。

 
通知領域アイコンを選択する画面
通知領域アイコン」を左クリックします。

 
アイコンを表示する設定の画面
「アイコンと通知を表示」を選択すると、画面の右下にアイコンが表示されます。

 
アイコンを非表示にする設定の画面
アイコンと通知を非表示」を選択することで、画面右下のアイコンも非表示になります。

 

まとめ

ここでは、タスクバーへのアイコンの表示、非表示の方法を紹介しました。

特にここでは、タスクバーに表示される「アプリのアイコン」と「通知領域」といった2つの種類のアイコンの表示、非表示の方法を紹介しました。

スポンサーリンク